自社データセンターの運営業務(一般第2種電気通信事業者・自家発電装置装備)

弊社は、一般第2種電気通信事業者として自社で設備を持ち、データセンターを運営しています。システム開発からデータセンターでの運用まで一貫したセキュリティ要件と利便性をご提供します。

データセンターの特徴
連続29時間運転できる自家発電装置を装備しています。
Ipv6に対応しています。
1Uからの持ち込みでのご利用ができます。
高度で高価な機材が安価でレンタルができます。集積度が高いシステムでもランニングコストがかかりません。
ISPを介さない拠点間直接VPNで、通信費を大幅に削減できます。(ISPを必要としない公衆IP網の直接VPN)
回線使用料を含んだ安価な価格構成でご利用いただけます。
UPSなど電源周り機材は、すべてデータセンター側で準備しております。
お持ち込み機材のハード・運用環境の保守メンテナンスもおこないます。
サイトを増強したいので、NICを足したいなど・・・すぐ対応いたします。
自社で運用するサーバー室と同様の柔軟なサービスを提供します。
万一の災害時に備え、データ・システムお届けサービスをオプションで準備しております。
回線のお持ち込みもできます。
すべてのラックは、免震装置により保護されています。

サポート対応例・・・
・PHPをバージョンアップしたらWEBサーバーの挙動がおかしいが、担当者が休暇中、すぐに昨日のスナップショットに戻して欲しい。
・RAIDのHDDが1台壊れた・・・すぐ交換して欲しい。
・リブートしたいが、SSHで上手くかからない・・・ローカルログオンで再起動して欲しい・・・。
・ルーターのセキュリティ設定を変更して欲しい。
・SSHで再起動したが、ethがupしていないようで、再接続できない。ローカルログオンしてifconfでeth upして欲しい。
・サーバーのセキュリティのためパケットフィルタリングを設定していたら、間違ってアクセス出来なくなってしまった・・・ポートを開けて欲しい。

ご利用のお申し込み
システム内容に合わせて、お見積もりいたします。安価で高速なVPNを組みたい、RemoteAPPを使って拠点間のアプリケーション利用を簡便化したいなど、さまざまな要求にお応えします。

電子メール:dev@jpin.co.jp
お電話:042-538-2820(開発部まで)

データセンター導入事例(弊社お客様)
1:本支店2拠点でのVPNとリモートデスクトップ業務アプリケーション運用(本社:日野市と工場:八王子市の2拠点)
初期設定費用20万円(VPNブリッジ用機材費2拠点分を含む)、データセンターVPNサーバー費8,800円/月額(消費税別)
本支店が1つのLANとなり、リモートデスクトップで業務アプリケーションを実行。業態は機械部品精密加工業、生産管理システムを運用、支店からでも本社での業務と同じ環境で業務。 既存のインターネット環境を利用し、新規回線加入はなし。
月額8,800円で、実用的なVPNを構築。

WEBサーバー、業務サーバー、VPNサーバーなど求められる要求・業務に必要なサーバーを貸し出します。

内容

弊社側インターネット回線は、NTTまたは、KDDIとなります。
Windows/Linuxサーバーの双方に対応いたします。

サーバー持ち込みもできます。

VPNサーバーサービスは、データのバックアップや本支店間での業務アプリケーションの運用に最適です。
お気軽にお問い合わせください。

開発・導入実績の詳細はこちらから。